八ヶ岳ガイドのYATSUトレッククラブ

登山初心者のための
ガイド登山・トレッキング

鷲ヶ峰 八島ヶ原湿原 スノーシュー

こんにちは、スタッフSです。
ガイドと鷲ヶ峰と八島ヶ原湿原に行ってきました。

この日(3月中旬)はポカポカで快晴、4月上旬ごろの気温でした、
4月ってこんなに暖かかったんだな~~~って、もうすぐ訪れる4月が待ち遠しくなりました。

八島ヶ原湿原の駐車場の駐車スペースは、積雪のためとても狭かったのですが、
除雪車がまさに除雪中で、スノーシューの行程を終えて駐車場に戻ってきたときは、駐車スペースが広がっていました。
積雪時はどこの駐車場も駐車スペースは少ないですので、お気を付けてください。

鷲ヶ峰は八島ヶ原湿原の横に雪原の斜面を見せて、堂々と聳え立っています。
見かけよりも大きいお山で、見えている姿がお山の全容ではありません。
鷲ヶ峰
まず、見えているピークまで真っ直ぐに登っていきます。

眼下の八島ヶ原湿原はみるみるうちに小さくなっていき、隠れていた八ヶ岳が姿を見せ始めてくれます。
眼下の八島ヶ原湿原

最初のピークの上まで来ますと、目の前に開けた稜線がひろがっていました。
尾根歩き
ここから見晴らしの良い稜線歩きが山頂まで続いていきます。

ふと。。。斜面を見やると、
「あれって、雪庇!?」「斜面の雪が割れてずり落ちているよ!!!」「雪が崩れているのって、雪崩???」と、ガイドに立て続けに言葉を投げていました。
雪庇
雪庇2
規模的には小さい現象でしたが、初心者の自分は目の当たりにしたのは初めてでしたので、ビックリしました。
それほど高い山ではなくても雪の山には変わりがなくて、危険な個所があるんだと気持ちが引き締まりました。
雪庇はそのそばを通っても上からでは全く分からないものですね、
雪庇が出来そうな地形を覚えて、端まで寄らないように自分で注意するしかないと知りました。

この日は本当に雲一つない、あっぱれなお天気、
ひらけた登山道が続く鷲ヶ峰は、素晴らしい展望をずっと見続けながらのスノーシューになりました。
山頂からも360度のパノラマで長野県や近隣の山々を一望にできました。
山頂眺望
山頂眺望2

眺望を惜しみつつ鷲ヶ峰をくだり、八島ヶ原湿原へと合流しました、
時間もまだ早くて天気も良い、これは八島ヶ原湿原1周したいよね、ということで引き続きスノーシューを楽しみました。
雪の八島ヶ原湿原は広い雪原となって、真っ白いキャンパスを輝かせていました。
八島ヶ原湿原の奥の山は、今登ってきました鷲ヶ峰です。
八島ヶ原湿原と鷲ヶ峰

鷲ヶ峰と八島ヶ原湿原を一緒に回ったのは初めてで、体力のあまりない自分は少し疲れました(^▽^;)
距離はありますが高低差のあまりないこのコースは、
景色を楽しんでのんびり歩くスノーシューにはとても良いコースでした。
今回は、雪庇やら雪の地割れのようなものを見ることが出来て、勉強になりました。

Pocket

日向山 雁ヶ原からの景色に感動

こんにちは、スタッフSです。

2月の下旬にガイドと『日向山(ひなたやま)』に行ってきました。
私は初めて聞く名前の山でした。
山の名前から、なだらかでおしゃべりしていたらいつの間にか頂上、という山のイメージを持ちましたが、
現実は、長いコースをひたすらに登る、お山でした(^▽^;)

尾白川渓谷駐車場に車を置き、出発です。
登山口
車で矢立石駐車場まで上がり、矢立石登山口から登ることもできます。

雪道ではなくて、落ち葉を踏みしめて歩くなんて、とても久しぶりでした。
落ち葉の登山道

雑木林の中を50分ぐらい登りますと、林道にでました。
ここまでは傾斜の緩い坂でしたので、順調に登ることが出来ました。

ペースはいつもガイドが考えてくれますので、私はガイドの後ろを歩くだけです。
毎回、登りはじめの時は、ペースが少し遅いような気がします。
もし自分だけで登っていましたら、出だしに調子に乗って速いペースで歩いてしまっていると思います、
そして、すぐにバテてしまって余計に時間がかかることになるのでしょうね。。。
私の体力と疲れ具合を感じ取って、ペースを考えてくれているのがありがたいです(#^.^#)

林道を進みますと矢立石登山口に合流します、
ここから雪が一気に多くなりました。
積雪

登山道は樹林に阻まれて、ほぼ眺望はありませんが、
たまに木立の切れ間から、鳳凰三山や富士山を見ることが出来ます。
富士山

登山道の傾斜が少しきつくなってきます。
登っても登っても
足元の雪は踏まれてツルツルなところもあって、滑ってバランスを崩しながらの登りです、
そして、この登りが延々と続くのでした。
道が折れても折れても、また同じ景色が続くという、気持ち的にも疲れました。

疲れて足を進めるだけで精一杯になってきた頃、「これが最後の登りだ」とガイドの声がしました、
最後の登り
木々の向こうに広がる空が、ゴールテープのようでした。

最後の頑張りで登り切りますと、
予想だにしなかった大パノラマの展望が目に飛び込んできて、自然と歓声をあげていました!
樹林を抜けた先は大地がなくなり、遠く開けた景色が目の前に広がっているんです!!!
八ヶ岳
八ヶ岳連峰の長い裾野と麓の街がジオラマのように見渡せます。

反対には甲斐駒ケ岳がドド~~~ンと控えていました。
甲斐駒ケ岳

ここは『雁ヶ原』と呼ばれている場所です、
この『雁ヶ原』は花崗岩が風化してできた白い砂地と奇岩が有名な場所です。
この時期は砂地が雪に覆い隠されて、あまりよく分からないのが残念でしたが、
急傾斜で落ちていく砂地の斜面には積雪がなく、砂地の雰囲気を感じることが出来ました。
花崗岩の砂地

奇岩もニョキっと出ていました^m^
奇岩

自分にとって『日向山』の登りは、とっても長かったです。
危険な個所はありませんでしたの、ただひたすら登った!という印象ですが、
最後に待っている『雁ヶ原』の景色は、『日向山』を大好きな山にしました。
そして、登りつづけ登り切ったという「頑張った自分」は、少しの自信になりました。
雁ヶ原からの眺望

雪のない時期の、白い砂地が煌めく『雁ヶ原』を見てみたくなりました、
その時は、途中の「矢立石登山口」から登る短めコースにしようかな、なんて思ったりしています(#^.^#)

Pocket

雪の高ボッチ山へ スノーシュー&アイゼン

こんにちは、スタッフSです。
ガイドと高ボッチ山に行ってきました。

冬季は高ボッチ山の山頂近くの駐車場へと続く道路が通行止めになりますので、
「アスティかたおか」さん(宿泊施設)の横の登山口から登ります。
高ボッチ山を下から登るのは初めてでしたので、体力的に心配でした。
この日はガイドが、アイゼンとスノーシューの両方を準備していました、
どちらを使うのか、いつ使うのか、分からないままの出発です。
初心者の自分の山登りは、すべてガイド任せです(^^ゞ
登り始めは土の部分が多く、スノーシューは要らないのでは、などと思ってしまいました。
登り始めの様子

『展望台まであと3キロ』の標識を過ぎると坂が急なところも出てきますので、
この先あたりで、初心者の私はアイゼンをつけました。
展望台まであと3キロ

アイゼンをつける前は滑らないところを探して、一足一足、慎重に歩かなくてはならなかったのですが、
アイゼンをつけますとどこでもサクサク歩くことが出来ますので、とっても楽ですね。
快適に歩いていますと、樹林帯が終わり、景色が開けました。
北アルプスの峰々
樹林の向こうには松本の街が見えるのですが、霧に沈んでいます。
霧と空の曇天に挟まれながらも、北アルプスの山の並びは顔を出してくれていました。

ルートは高ボッチ山の牧場を抜けていきます、
雪に埋もれた牧場は、大雪原として目の前に広がっていました。
大雪原
高ボッチ山の山頂あたりは、高ボッチ高原という高原で、広く開けています、
そのため、積雪時は、大雪原となっています。
歩道の柵の頭だけが見えます
吹きさらされた積雪はよくしまって、雪の上を乗るように歩けました。
真っ直ぐ先へ先へと歩いていきますと、
八ヶ岳を背負った山頂が待っています。
高ボッチ山山頂

高ボッチ山から見下ろす諏訪湖の景色は、格別ですよ!
諏訪湖

下山は「ひょうたん池」方面へ降りていきました。
「ひょうたん池」へと降りていく道は、雪に埋まりますと、とても分かりづらくなりますので、
行かれる方はお気をつけて下さい。
ひょうたん池
「ひょうたん池」は雪の下です(#^.^#)

「ひょうたん池」から先の登山道は、あまり人が通らないためなのか、
雪がフカフカ、ズボズボで、スノーシューでも埋まりながらの下りでした。
フカフカの雪

登りに通った道は雪が凍ったところがツルツルで、アイゼンが便利でした、
下りの道はスノーシューが必要な雪深い道、
両方準備していたおかげで、どんな道でも対応できました。

今回のルートでは、樹林帯を抜けて突然景色が開いて、
北アルプスの並びを目にしたときの喜びがとても大きいです。
高ボッチ山の山頂付近の広い雪原と、素晴らしい見晴らし、
そして、下から苦労して登った達成感!
冬の高ボッチ山、とても楽しかったです。

Pocket

MSRスノーシューREVO アッセント体験

はじめまして、スタッフSです。
YATSUトレッククラブで電話対応や、ホームページでのイラスト作成などを担当しています。
登山やスノーシューはまだまだ初心者ですが、
初心者ならではの目線で、八ヶ岳や周辺の山のこと、山の道具のこと、地元の様子などを、
お伝えしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

今回、新たに導入しましたスノーシューのご紹介をさせていただきます。
『MSR REVO アッセント』
MSRスノーシューREVOアッセント
最初見た印象は、片方ずつにベルトが4本あって、履くのにちょっと手間取るかなって思いました。

裏側です。
MSRスノーシューREVOアッセント 裏側
フレームのサイドの波打ったような刃が、傾斜地に強いそうです。

早くこのスノーシューを試してみたい!!!

ということで、試し履きもかねて、スノーシューをしてきました。
「霧ヶ峰スキー場」の横の林からスキー場のゲレンデの上へ出て、降りていくコースです。
雪はパウダースノーよりは、少ししっとりした感じですが、まだまだサラサラな雪を楽しめます。
いざ、装着^^
MSRスノーシューREVOアッセント 雪の上
ベルトは手袋をしていてもはめやすい形状ですが、
緩すぎると外れてしまい、締めすぎると足の血行が悪くなりそうで、
ちょどいい加減のところに締めるのが、ちょっと手間取りました。
でも、でも、はめてしまいますと、靴とスノーシューの一体感がバッチリで、
スノーシューの重みが苦になりません!!!これは、快適!!!

霧ヶ峰スキー場の横にある林の入り口から出発です。
霧ヶ峰スキー場横の林
ふんわりかけられた真っ白なシーツのような林床に乗り込んでいきます。
まっさらな雪面に、おろしたてのスノーシュー、気持ちが浮き立ちます。

木々の合間を縫うように進んで行きますと、
木立の向こうにうっすら八ヶ岳が見えてきます。
木立の奥に八ヶ岳

林を抜けると、八ヶ岳が勢ぞろい。
八ヶ岳勢揃い
薄曇りの日でしたが、遠景はよく見え、富士山、南アルプスも眺められました。

だだっ広い雪原を、ガイドと2人だけで、歩き続けます。
広がる雪原
開けた場所だからか、雪はしまっており、快適な歩きです。
積雪としてはかなりありそうです。
ここからゲレンデの上まで進みまして、ゲレンデ横を降りていきました。

REVO アッセント、いいです、すっごくいいです\(^o^)/
今回のコースには、急坂な場所はありませんでしたので、
傾斜地の強さの体験は出来ませんでした。
このスノーシューは履いていることを忘れしまうほど、靴との一体感がありました。
とっても歩きやすい、だけではなくて、外した後も、持ち運びがしやすかったです!!!
これって、結構大事でした。
スノーシューを抱えて移動することって、案外多いので、かさばるととっても大変です。
その点も、このREVO アッセント、嬉しいコンパクトなボディです。
このスノーシューで、いろんなお山を歩くのが、とっても楽しみになりました。

Pocket